Cave and Rapunzelism / Circle Information.
クトゥルフ神話 TRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ) トリニティ・ブラッド (19) (あすかコミックス) トリニティ・ブラッド (18) (アスカコミックス) トリニティ・ブラッド 第17巻 (あすかコミックス) 空中ブランコ (文春文庫) 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫 む 3-1) 共同幻想論 (角川文庫ソフィア) GHOST IN THE SHELL 2 INNOCENCE INTERNATIONAL VER. [DVD] アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風 デミアン (新潮文庫) 眼球譚(初稿) (河出文庫)
<< 羊でおやすみシリーズ番外編 「俺は眠くなーい」mainAct. 59 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- ★ - ★ - ★ スポンサードリンク
Danza (モーニングKC)
この人がいくつの雑誌で連載持ってるのか分かりません。いつも気がついたら単行本が出てます……。
「男たちの心のつながりや友情」をメインテーマにしたらしいんですが、今までと変わってない気がしますw
さらい屋にもリストランテにもI've a rich understanding〜にも、このくらい男たちの繋がりが盛り込まれてたような。今回はそこから女の子が抜けただけな感じです。
オノ ナツメ
講談社
Amazonおすすめ度:
タイムトリップの話があった事に少し驚きました。SFとかファンタジー要素って今まで、この人の漫画では見たことなかったので。
他のと違って、ちょっといい話にならなかった「煙」もこの6編の中では浮いてたような気はするけど、すごく現実的に在り得る兄弟でした……。
最後の「パートナー」を読んでて、何か見覚えのある設定だなぁと思ってたら「I've a rich understanding〜」に出てた人たちでした。見覚えがあるはずだ。キースは本当に丸くなった。(今読み返してたんですが、「箱庭」のホルも「I've a rich〜」に出てました。)

モーニングツーの読み切りの刑事と留学生記者の話も面白かったし、キースたちの再登場もあるみたいだし、次の新連載楽しみだなぁ。
その他の感想comments(0) ★ - ★ Rhythy
スポンサーサイト
- ★ - ★ - ★ スポンサードリンク
コメント
コメントする